ホーム知りたい>詳細ページ
音声読み上げ機能を使う
知りたいタイトル画像

認可外保育施設空き状況

2017年7月27日

【概要】

○認可外保育施設のうち、ナーサリールーム・家庭保育室・地域型事業所内保育施設・企業主導型保育施設の空き状況を掲載します。

 

○各施設の毎月1、15日時点の空き状況について掲載しています。

 

○空き状況は、調査日時点での状況です。現在の状況と異なる場合がありますので、詳細は施設へ直接お問い合わせください。

 

○毎月の空き状況は、毎月1日時点で把握した空き状況を6日(休日の場合は翌開庁日)までに、15日時点で把握した空き状況を20日(休日の場合は翌開庁日)までに更新します。 


【ナーサリールーム、家庭保育室、地域型事業所内保育施設空き状況について】

○「ナーサリールーム等空き状況」をご確認ください。

 

○空き状況は、さいたま市の保育料軽減事業の対象、または同等の減額を受けられる児童の空き人数です。

 

○施設によって、保育室面積や保育従事者配置の基準を満たした上で、さいたま市の保育料軽減事業対象外の預かりを実施している場合があります。

実施している施設で空きがある場合「軽減事業対象外預かり」欄に「可能」と掲載しています。

実施しているが空きがない、又は実施していない場合「なし」と掲載しています。

 

(区分について)

ナ ⇒ナーサリールームの認定を受けている施設

家 ⇒家庭保育室の認定を受けている施設

地域⇒地域型事業所内保育施設の認定を受けている施設


【企業主導型保育施設空き状況について】

○「企業主導型保育施設空き状況」をご確認ください。

 

○企業主導型保育施設は、企業が従業員のお子さんを保育するために設置した事業所内保育施設のうち、国の「企業主導型保育事業助成金」を活用している施設です。

従業員のお子さんと一緒に、地域のお子さんを保育している施設もあります。

 

○空き状況は、地域のお子さんを保育している施設における、地域枠(地域のお子さんを保育する定員枠)の月極利用の空き人数です。


【証明書について】

国が定める認可外保育施設指導監督基準を満たすことを立入調査により確認し、「認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書」を発行した施設について、証明書欄に「○」を表示しています。

開設から間もないために立入調査を実施していない施設や、立入調査における指導事項を改善中の施設には、発行されていない場合があります。


【ナーサリールーム等空き状況】

R2.9.15_ナーサリールーム等空き状況(西区・北区・大宮区・見沼区・中央区)(162KB)

R2.9.15_ナーサリールーム等空き状況(桜区・浦和区・南区・緑区・岩槻区)(164KB)


【企業主導型保育施設空き状況】

R2.9.15_企業主導型保育施設空き状況(159KB)


【関連情報/リンク】

【認可保育所等空き状況】についてはこちらでご覧いただけます。